宮迫の薄毛はプロペシアで解決?薬の効果と期間はどのくらい?気になるAGA治療とは

ikumou07

宮迫の薄毛改善に功を奏したと噂になっているプロペシアは、
AGA治療の一環として主に採用されてる内服薬です。

他の発毛外用薬のように頭皮に直接働き掛ける効果はありません。

抜け毛の進行を食い止める効果を発揮し始めるには
約半年程度掛かる
と言われています。

プロペシアは決して即効性が期待できるものではなく、
1か月分の薬剤料でも約8,000円程度掛かります。

予想してた効果がなかなか出ず、
途中で服用を止めてしまう人も少なくありません。

プロペシアの効果を逸早く頭皮に反映させたいなら、
普段の食事や睡眠などの生活習慣も改め、
専門医から適切な生活指導を仰ぐのも重要です。

AGA治療には焦りは絶対禁物で、
長い目で根気よく治療する姿勢が不可欠です。

また、プロペシアが頭髪の見た目の変化に
徐々に効果が引き出されていくのは、
最低でも約1年以上の服用期間が必要です。

しかもプロぺシアは、個々の体質や頭皮環境、
毛周期によっても、効果が現れるまでの期間は
違ってくると捉えておいたほうがいいです。

もし抜け毛具合が重度の人や、おでこの生え際や頭のてっぺんが
著しくハゲている場合は、それだけプロペシアの効果が
最大限に発揮するまで時間を要する傾向があります。

ですから、本気でAGA治療に臨むと決心した人は、
長期戦覚悟でスタートするのが一番です。

プロペシアがどのように頭髪に変化をもたらしていくかと言いますと、
大体服用半年で抜け毛の減少。

ポツポツと産毛が生える兆候が現れ始めるケースが多いです。

そして服用約1年でおでこの生え際の範囲が徐々に狭まった事を実感し、
新たに生えてくる髪にも太いコシが出てくるようになります。

それから約3年の間に、気になっていた薄毛がだいぶ目立たなくなり、
人から見てもだいぶフサフサとした頭髪の見た目とボリュームが
出てくるでしょう。

服用5年目まで来たら発毛のピークが落ち着き、
ベストな頭髪状態を現状維持できるようになります。

このように、プロペシアは、服用期間が長期間に渡る程に、
確固たる手応えを感じる特質がある事を
事前によく把握しておくべきです。

尚、直近のデータでは、AGA症状を持つ約90%の人が、
プロペシアで少なからず頭皮への変化を実感したという結果が出ています。

思い切って病院で内用薬治療をする価値はあるでしょう。

もし更に経済的に余裕があって、プロペシアの効果
効率的に上げたいなら、発毛栄養分であるミノキシジルとの併用治療を
医師に相談すると良いでしょう。

ミノキシジルは、プロペシアと反対で
頭皮に発毛成分を直に塗布する外用薬となります。

既にAGA治療では、プロペシアとミノキシジルの併用治療が
数多くの患者さんに実施されており、抜け毛予防と発毛の
ダブルの効果が短期間で実感できます。

ちなみにプロペシアの服用は1日1回を必ず厳守するようにし、
飲む時間も毎日一定の時刻に飲むようにすると、
発毛サイクルも整いやすいです。

くれぐれもAGA治療中は憶測で自分で薬を飲む量や期間を判断せず、
必ず病院の医師の指導を忠実に聞いて治療に臨むのがベストです。

一押し記事